体験談:クレジットカードのキャッシング機能は転ばぬ先の杖

念のために設定していたクレジットカードのキャッシング枠

ついこの間、生まれて初めてクレジットカードのキャッシング機能を使ってみました。このカードを作った時に、カード会社の人に勧められて何となく50万円のキャッシング枠を設定していたのですが、それを使うつもりは全然ありませんでした。
枠を作っておいても、余分な手数料などは一切発生しないと言われたので、念のために設定していたというだけのことでした。
でも、その枠をあらかじめ設定しておいたおかげで今回とても助かったので、あの時カード会社の人の言うとおりにしておいて、本当によかったと思っています。

現金主義の私はキャッシングを利用するとは思っていませんでした

 わざわざ自慢するほどのことではありませんが、私はこれまで借金をしたことが1度もありませんでした。知り合いの中に借金のしすぎで破産してしまった人が実際にいるので、自分は絶対にそんなふうになりたくないと思っていました。なので、何か欲しいものがあってもまずお金を貯めてから買うようにしていました。
カードショッピングの支払い方法も1回払いだけにしており、リボルビング払いを利用した経験は1度もありません。

トラブルに見舞われるときは普段のやり方では通用しない


そんな私でしたが、先月予定外の出費がかさんでしまい、ニッチもサッチもいかない状態に陥ってしまいました。銀行の預金残高が不足してしまい、そのままにしておくと家賃の引き落としができない状態になってしまったのです。
 最初は消費者金融にお金を借りに行ってみようかとも考えましたが、やはり抵抗がありました。一時的に不足分を補うことができれば、その後すぐにボーナスで穴埋めできる予定ではいましたが、消費者金融からお金を借りるのは怖いと思ってしまったのです。
そんな時に思い出したのが、クレジットカードのキャッシング枠のことです。

転ばぬ先の杖として設定しておくことをおすすめします。

特別な借り入れ手続きをすることなく、すぐに銀行ATMで必要な金額を借り入れることができたので、とても助かりました。また、まるで自分の口座からお金を引き出しているかのような形でお金を借りることができたので、恥ずかしい思いをしてしまうことも全くありませんでした。