専業主婦が利用できるカードローン

カードローンの審査について

クラブのマイクカードローンを利用するには返済能力があるかの審査があり、その審査をクリアしないと融資を受けることができません。
融資を受けられる条件としては、まずは本人に安定した収入があることが大切です。
会社員など安定した収入のある方の場合はまず安心と言えますが、主婦の方などの場合は、融資が利用できるかどうかは気になるところです。
パート、アルバイトなどで収入のある方の場合は、特に配偶者の同意は必要なく、銀行でも消費者金融でも本人の収入に合った融資を受けることができます。

消費者金融で借りるのは現実的ではない

では、専業主婦のように本人が仕事を持っていない場合はどうなるのかも気になるところです。
この場合は総量規制のある消費者金融では融資が受けられません。
本人に収入がないため、専業主婦だとそのままでは融資を受けることはできないのです。
消費者金融で融資を受けたい場合は、配偶者貸付という特殊な制度を利用することとなります。
しかも総量規制の対象なので、夫婦の年収の合計の3分の1の金額まで借りることができます。
この場合は配偶者の同意書、婚姻関係がわかる住民票、または戸籍抄本が必要です。
さらに借入れ金額によっては配偶者の収入証明書を用意する必要さえあります。

専業主婦は銀行カードローンがベスト

消費者金融では現実的には借り入れが難しいとなると、もう1つの手段は銀行カードローンです。
銀行カードローンは専業主婦によく選ばれており、こちらは総量規制の対象ではありません。
しかも低金利でより多くの金額の融資を受けることができます。

銀行の場合は総量規制の対象ではありません。同意書も必要ありません。

配偶者の方に安定した収入がある場合は,専業主婦の方の申込に対応していることが多くなっています。
ポイントは、専業主婦の貸付に対応している場合であれば、特に配偶者の方の同意が必要ないことです。
もちろん銀行によって申込条件には違いがありますので、手続きを行う前は条件はよく確認しておきましょう。
銀行カードローンは融資も迅速で来店なしでもインターネットから手続きができるようになっています。
便利に利用してください。